当事務所は兵庫県神戸市にて障害年金に関するサポートを行っております。年間相談実績300件!まずはお気軽にご相談ください。

兵庫障害年金 救済センター

山陽中央社労士事務所

078-381-7487

メールお問合せ

コラム集

2019.11.11

● 当事務所での個人情報の取扱いに関すること

はじめに

当事務所での個人情報の取扱いについてですが、業務の性質から言って、型どおりのプライバシーポリシーを書くのも適切ではありませんし、実効性もないと思われますので、以下平易に述べます。

稀に、けったいなことをおっしゃる相談者がいらっしゃるので、主にそのような方に対するものですのでご了承ください。

 

個人情報の取得の目的及び範囲について

障害年金の申請及び受給の可能性についてご助言するにあたり必要な情報はすべてお尋ねしております。逆に不必要なことは一切聞いておりません。

お尋ねする内容としては、氏名、年齢、住所(〇県〇市まで)などは基本情報として当然お聞きしています。

また、障害年金の相談でありますから、当然のことながら、

病名・病歴・家族構成(婚姻歴含む)・職歴(細かな就業状況含む)・経済的事情(生活保護とか自己破産とか含む)・年金納付状況・学歴(学校名含む)

などなど、例えば売って終わりの単なる物販業者ならば聞かないような高度にプライベートな事情ですとか、あるいは一般の方からすれば一見して申請とは関係がなさそうな事柄を含めを細かにお尋ねする場合がございます。

もちろん興味本位で何かを聞くということはありませんが、しかし、そんなこと関係があるのかと思えることでも聞いてみないとわからないということもございますし、逆に申請にあたり重要な内容が潜んでいる事柄について「聞かれなかったから言わなかった」みたいに言われる方もまれにおられる関係上、およそお尋ねする内容の範囲は無制限であるとお考えいただいたほうがいいと思います。

 

ですので、こちらとして困惑する事例ですが、以下のようなことは実際あったのですが、

①病名を尋ねたところ「病名?なんでそんなプライベートなことを言わないといけないんだ!」

→病名もわからないのにどうやって障害年金の相談に対応しろというのでしょうか・・・?

②何か尋ねたところ「そんなこと申請にあたって関係あるのか?!」

→こちらからお尋ねするのは、関係があるかもしくはその可能性がある事柄です。またそもそも関係のあるなしをご自身で判断できるというならば他者に相談せずにご自身で考えて申請された方が良いと思います。

ということになります。

従って、もちろん社労士には守秘義務がありますが、それにもかかわらず何かどうしても秘匿したい事柄がおありの方は、ご相談のご連絡はなされないことをお勧めします。

また、当事務所へご相談のお問い合わせをされる方は上記方針をご理解いただいているものとみなさせていただきます。

 

個人情報取得後の当該情報の取扱いについて

相談を経て取得した相談者様の情報は適切に管理いたしますが、その消去の求めに対しては、個人情報保護法に則り、個人情報を不正に取得した場合や目的外利用をした場合に限り、個人情報の削除に対応いたします。

逆に言いますと、当事務所ではそのような事情がない限りは、削除の求めには一切応じません。その理由は次に述べます。

 

個人情報を保有する必要性・消去の不可能性

当事務所では、相談の過程で取得した個人情報は基本的に開業以来ほとんど記録し保存しております。

これは、たとえ無料の年金相談であったとしても、お答えした内容については責任が伴いますから、例えば当職がお答えした内容が間違っているというようなことでトラブルになり、場合によっては訴えられることもあるかもしれません(もちろんこれまでは1件もありませんが)。

その場合、応対履歴が全く残っていないというようなことになると、当事務所としては何の説明も反論の手がかりもなくなるわけですし、年月が経てば相談を受けたかどうかもわからなくなります。従って、こちらの身を守る意味で個人情報の消去の求めには一切対応していません。

ちなみに匿名の相談には応じていないのも同じ理由です。後から何かクレームが入ってもその人かどうかわかりませんから。

 

また、他人に病名などのプライバシーを知られている状態がイヤだと思われても、しかしそれは厳密な話をしますと、データやメモなどを消去することは物理的には可能でありますが、当職の記憶までは消せないわけです。

そうするとあまりに執拗に個人情報の消去を求められる方というのは、どういう意味になるのでしょうか、当職に死ねとおっしゃっておられるのでしょうか、などという意味でこちらでは解釈せねばならず、ある意味では大きな恐怖を感じます。

 

一部の方への警告

上述の通り、執拗に個人情報の消去を求められるのは、当職に対する脅迫とみなさせていただき、警察に通報する場合もございますので予めご了承をいただくとともに、このような展開が予測される方についてははじめから当事務所へのご相談はご遠慮いただきたく思います。

 

無料相談受付中

障害年金の専門家の社会保険労務士が申請手続きのサポートを致します。まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

078-381-7487
メールでのお問合せ

このページの先頭へ

Copyright © 山陽中央社労士事務所 all rights reserved.